6月10日

厚生労働省の承認を得た架橋ヒアルロン酸製剤 ジュビダームビスタ ボライトXCの治療を開始しました。
こちらは顔面や頸部の真皮へのアプローチが可能なヒアルロン酸注入材で、保水性や弾性等の肌質改善・小じわの改善を行う製材です。1回の治療で保水性の持続効果が最大9か月持続します。皮膚は年齢的変化や紫外線・喫煙などの環境因子によりダメージを受け、コラーゲンやエラスチンが十分に生成できなくなることで皮膚が痩せてしまい、弾力やキメが失われてしまいます。この製材は皮膚の土台治療を行っていきます。
従来のヒアルロン酸はたるみやしわ、ボリュームアップや輪郭の形成などを目的にしているので、フィラー(充填剤)と呼ばれていますが、ボライトはフィラーではなく、美肌治療のための製材です。ヒアルロン酸には水のようにさらさらしている非架橋型と、ヒアルロン酸の分子構造を固めてゲル状にした架橋型があります。水光注射などで使用されるヒアルロン酸は非架橋型ですが、ボライトは架橋型ヒアルロン酸なので、非架橋型に比べて吸収が緩やで効果の持続が長くなります。
上口唇の縦しわや首のしわなどにも使用が可能です。
現在行っているスキンケアでは肌の乾燥や潤いの効果に満足できない方や、潤いやハリ・弾力性の効果が長く持続することを望んでいる方の治療に適した製材です。

当院スタッフの顔と首をお借りしてトレーニングを行いました。
ちなみに顔だと150か所程度、首には50か所程度注射をしています。表面麻酔のクリームをしっかり塗布していたせいか、痛みはほとんどなく、モデルになったスタッフは施術の最中に寝落ちしそうだったそうです(笑)。
当日はワセリンを塗布するのみですが、翌日からは普通にメイクも可能です。腫れることもほとんどありませんでした。



 



2022年06月10日